振動 吸収 マットレス

振動を吸収するマットレスで一緒に寝ている人を起こさない

寝返りや立ち上がった時に一緒に寝ている相手を起こさないですむマットレスをお探しのあなた。
振動を吸収して相手を起こさないで済むマットレスをご紹介します。

 

寝る時間や起床する時間がパートナーと違う場合、起きる時や寝る時にベッドに出入りする振動でパートナーを起こしてしますことがあります。
寝返りとうつ時や就寝中にトイレに行く時も同じようにベッドの揺れでパートナーを起こしてしまうことがあります。
このようなことが起こるのは、マットレスがあなたの体の重みで沈み込みますので、その振動が相手に伝わってしまうからです。
慎重にベッドから出入りしても振動は相手に伝わります。

 

就寝時間や起床時間が相手と違う場合は、理由があるわけですから時間のズレを直すことは難しいと思います。
ベッドをダブルなどではなく、パートナーと異なるベッドにすれば問題は解決します。

 

しかし、せっかくパートナーと暮らしているのだから一緒のベッドで眠りたいとお考えになるかもしれません。
そのような時に、振動を吸収するマットレスを使うと問題が解決されるかもしれません。

 

このサイトでは、振動を吸収するマットレスをご紹介します。
あなたの望みがかなうといいですね。

 

振動を吸収するマットレス

振動を吸収するマットレスをご紹介します。

 

コアラ・マットレス

コアラマットレスは振動を吸収してパートナーを起こす心配がなくなるマットレスです。
特徴は次の通りです。

 

特徴

  • 振動を吸収する
  • 低反発と高反発を組み合わせている
  • 通気性が良い
  • 120日間トライアルが有り
  • マットレスのカバーは洗濯可能

 

コアラマットレスは振動を吸収する構造なので、相手に揺れが伝わりません。
その理由は、体を面全体で支えるのではなく、各部位を点で支えるゼロディスターバンスという技術を採用しているからです。
コアラマットレスは、上層部が低反発で下層部が高反発となっていますので、体が沈み込みすぎることはありません。

 

また、上層部にはクラウドセルという通気性に優れたマットレス専用の素材が使われています。
熱や湿気を外に出す構造となっていますので、夏でも熱がこもらないで蒸れずに涼しく使うことが出来ます。

 

マットレスカバーはユーカリの繊維で作られていて、耐久性に優れていて肌触りが良いのが特徴です。
抗菌・抗カビ仕様となっていますが、中性洗剤で手洗いをすることが出来ますので、清潔を保てます。
シーツに関しては基本的に市販品を使うことが出来ます。

 

コアラマットレスは120日間のトライアルがありますので、使用感を試す事ができます。

 

立ち上がったも、寝返りを打っても、相手に振動が吸収されて伝わないマットレスであるコアラマットレスで、互いにぐっすりと眠れるといいですね。

 

マットレスの構造

コアラマットレスの構造は上層部が低反発で、下層部が高反発となっています。
低反発マットレスは体を包み込むような感じで眠れるのが特徴です。
高反発マットレスは体が沈まないのが特徴です。
コアラマットレスは低反発と高反発を組み合わせていますので、体が過度に沈み込まないような構造となっています。

 

耐久性もスプリング製のマットより優れています。
そして、10年間の保証が付いています。
保証があるのが耐久性がある証なのではないでしょうか。

 

腰痛がある方で低反発マットレスは苦手という方はご注意下さい。

 

 

購入の流れ

コアラマットレスをご購入する際の流れは次のとおりです。

 

@以下の黄緑色のバナー(ボタン)をクリック・タップしてコアラマットレスのページに進みます。
Aそのページ上部右側の「サイズを選択する」でサイズを選び「カートに追加する」ボタンをクリックします。
B必要事項を入力します。

 

コアラマットレスは一部地域を除いて送料無料です。

 

 

サイズ

コアラマットレスのサイズは4種類です。

 

  • シングル(97センチ?195センチ)
  • セミダブル(120センチ?195センチ)
  • ダブル(140センチ?195センチ)
  • クイーン(170センチ?195センチ)

 

お好きなサイズをお選び下さい。

 

低反発マットレスのメリットとデメリット

低反発マットレスにはメリットとデメリットがあります。
ただし、製品によって状態が異なりますので、以下が当てはまらない場合もあります。
また、マットレスの合う合わないには個人差があります。
マットレスはお試しなどで使ってみて、あなたにとっての良し悪しを判断して下さい。

 

メリット

低反発マットレスのメリットは、

  • 寝心地が良い
  • 寝返りが減る

最大のメリットは寝心地が良いことです。
体が沈み込み包まれているような感じで眠ることが出来ます。
体が沈み込むようになりますので、寝返るをする回数が減ります。
寝返りが減るということは、寝返りがしにくいとも考えられます。

 

デメリット

低反発マットレスのデメリットは、

  • 通気性が悪い
  • へたりやすい
  • 腰痛の一因になるかも

低反発マットレスは素材や構造によりますが通気性が悪いものがあります。
体の熱を逃しにくい製品もあります。
低反発マットレスは体が沈み込みますので、そこの部分からへたることがあり耐久性が弱い製品もあります。
低反発は柔らかく体が沈みますので、腰に負担が掛かる製品があります。

 

これらのデメリットは製品によって異なってきます。

 

高反発マットレスのメリットとデメリット

高反発マットレスにはメリットとデメリットがあります。
高反発とは反発力があるものとお考え下さい。

 

メリット

高反発のメリットとは、

  • 復元力がある
  • 通気性がある
  • 温度変化に強い

高反発マットレスは硬いので復元力があります。
よってヘタリにくいです。
腰痛がある方に向いている場合もあります。

 

高反発は材質から通気性が良いです。
通気性が良いので温度変化に強いので一年を通して寝心地に変化が生じません。

 

デメリット

高反発のデメリットは、

  • 硬い
  • 揺れる
  • 湿気が溜まりやすい

高反発マットレスは反発力があるので硬い製品が多いです。
反発力があるので、揺れますのでパートナーと一緒に寝ていると振動が相手に伝わることがあります。
湿気が下のほうに溜まりやすいです。

 

このように、低反発マットレスと高反発のものにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
製品によってはデメリットを改善しているものもあります。
実際に使ってみて、良し悪しを判断なさることをおすすめします。

 

 

 

 

 

デメリット

 

更新履歴
page top